地震発生から9か月

世界120か国に支部を持つADRAは、2023年2月6日にトルコ南部、シリア国境近くで発生したマグニチュード7.8の地震の被害にあわれた方々への人道支援を続けています。

去る8月、新たにカナダやスイスのスタッフが現地入りし、シリアの現地スタッフと共に、復興のための現地調査を行いました。

被災地の“今”を自分の足で歩き、地震の被害を受けた方と直接会話することで、気付きがあるーーADRAは、そのような姿勢で活動しています。

シリアで配付した食料や、貯蓄された穀物がどのような効果を生んでいるか、どの程度それが足りているのか、衛生キットの提供いかなる地区から行うべきか、を確認し、かつ、避難所の様子を目にしました。

そして、シリア内8か所の避難所で暮らす人々に、水、食料、オムツ(大人用・子ども用)、クリーニングキットを配り、雇用も生もうと、11人の現地の方を避難所の清掃係として契約しました。さらには、11,000人が利用できるポンプ場を再建しています。

加えて、私たちが着手しているのが、地震によって破壊された学校の改修工事です。7月より、複数の学校を修復しました。

修復前  シリア地震を受け、壁に穴が開いた学校   修復後のクラスルーム シリアにて6月

使える状態になかったトイレも清潔に保ち、利用する方々に喜ばれています。

震災後、使えなかったトイレが生まれ変わった シリアにて6月

 ADRAは、常々現地のニーズに基づいて活動しています。活動ができるのもご寄付をお寄せくださる皆さまのおかげです。今後も、皆さまからの温かいご支援をお待ちしております。

「トルコ・シリア地震被災者支援に寄付をする」

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
目次