寄付のお願い

あなたとともに、ひとつの命から世界を変えたい。

特定非営利活動法人(NPO法人)であるADRA Japanは、「ひとつの命から世界を変える」をモットーに、皆さまからのあたたかいご寄付や助成金をもとに、貧困や災害、紛争などにより苦しい立場に置かれている人々に寄り添い、自立を促す支援に取り組んでいます。

ADRA Japanへのご寄付は、寄付金控除の対象となります。例えば、10,000円を寄付すると所得税のうち3,200円〔(寄付金合計額-2,000 円)×40%〕が返ってきます。詳しくはこちらをご覧ください。

お気持ちにあった方法で支えてください

プロジェクトを選んでご寄付

 
ウクライナ人道支援

世界中のADRA支部間と連携し、緊急支援チームをウクライナ国内と周辺国に派遣。食料や衛生用品などの配布、安全な場所への移動など支援しています。

 
トルコ・シリア緊急支援

M7.8の地震により5万人以上の命が奪われたトルコ・シリアにおいて、避難所開設に必要な資機材や生活必需品などを届けています。

 
国内災害・防災・減災

海外の緊急支援で培ったノウハウを生かし、1995年の阪神淡路大震災より日本国内の災害被災地支援や防災・減災啓発活動などに取り組んでいます。 

▶︎ 最新の活動報告はこちら

※寄付金の対象分野が指定できます。事業を特定したご寄付をいただいた場合、ADRA Japanでは、ご寄付額の最大20%を一般管理費としてお預かりし、ご寄付の入金管理や領収証の発行、お問い合わせの対応、活動のご報告等のために大切に活用させていただきます。また、指定された事業で支援の必要が満たされた場合、ADRAが行うほかの支援活動のために大切に活用させていただきます。あらかじめご了承ください。
※手続きの関係上、1,000円からのご寄付をお願いしています。1,000円未満のご寄付は、郵便振替によるご協力をお願いします。

活動分野を選んでご寄付

ADRA JAPANが現在もっとも資金を必要とする支援活動に活用させていただきます。


命をつなぐ緊急支援

紛争や災害のために避難を余儀なくされている方々に、水や食料、住まいの確保など、命に直結する支援のほか、生きる希望を見出せるような活動にも取り組みます。


未来をひらく教育支援

安心して学べる環境がない子には丈夫な校舎を、学校に行ったことがない子には特別教室を、学校に通うお金が足りない子には学資支援を届けます。


尊厳をまもる保健衛生

きれいな水が飲めること、衛生的に暮らせること。自分と家族の健康を守れること。人としての尊厳ある生活を送れるように、必要な支援に取り組みます。

マンスリーサポーター募集中!

遠くの友達を助けるように寄り添い、支える「ADRAフレンド」になる

近年、災害や紛争など心痛むできごとが続いています。ADRAフレンドにご登録いただくと私たちがあなたに代わり、迅速に、そして継続的に支援を届け、その様子をご報告します。月々1,000円からのご登録で、あなたの日常にある「何もできない」「どうしていいかわからない」という心の痛みを「役に立てて良かった」「力になれてうれしい」という喜びに変えることができる支援の形です。

その他のご寄付の方法

ADRA Japanではほかにもいろいろな方法でのご支援を受け付けています。あなたに合った支援の方法で、ご協力ください。

郵便振替で寄付をする

お近くの郵便局から、窓口に設置してある【郵便振替 払込取扱票】 または【郵便振替払込請求書兼受領証】に必要事項をご記入の上、 郵便局の払込窓口にてお振込ください。

口座番号:00290-2-34169
加入者名:(特活)ADRA Japan

※使用用途を指定いただくことも可能です。用途のご指定がある場合には、ご希望される地域名や事業名を通信欄にご記入ください。特に記載がない場合は活動全体への一般寄付とさせていただきます。

事業を特定したご寄付をいただいた場合、ADRA Japanでは、ご寄付額の最大20%を事務局管理運営費などに活用させていただきます。また、指定された事業で支援の必要が満たされた場合、他の事業のために活用させていただく場合がございます。あらかじめご了承ください。

【払い込み取扱票 記入例】

携帯料金と一緒に寄付する

SoftBankのスマホをご利用の方は、月々100円からご利用いただける「つながる募金」を通してご寄付いただけます。

Tポイントを寄付する

Yahoo!ネット募金のサイトより、貯まっているTポイントを寄付することができます。また、Yahoo!ネット募金では、匿名でのクレジットカード寄付もご利用いただけます。

よくある質問

領収書は送ってもらえますか?

毎年1月に、前年分をまとめてお送りいたします。お送りする領収証を用いて確定申告をしていただくと寄付金控除を受けることができます。ご希望の方には都度発行も対応しております。都度発行をご希望の場合は、お問合せフォームよりご連絡をお願いいたします。

物を寄付したいのですが活動地に届けてもらえますか?

活動しているほとんどの地域で必要物資の調達が可能です。送るのに時間と送料をかけるよりも現地調達のほうが効率がよく、地域経済を支えることにつながりますので物を送らずに支援しております。不要な持ち物や在庫などを寄付に変えられる方法もございので、ご検討いただけますと幸いです。

寄付がどのように活用されるか知りたいです。

ご寄付をいただいた方には、年4回(6月、9月、12月、3月)の機関紙「ADRAニュース」やメールマガジン配信(月末)によって活動の報告をさせていただいております。寄付がどのように役立てられているか、ぜひご覧いただけましたら幸いです。

なお、2021年度の実績では、事業費と管理費(領収証の発送や広報、事務局運営等にかかる費用)の割合は以下の通りでした。