アドラについて / OUR MISSION アドラの活動 / OUR WORK あなたにできること / OUR NEED

スーダン南部難民支援プロジェクト・現地レポート

★スーダンの、”土喰ふ”人々。の巻

By Azusa Chiba (01,Mar,2007)

“私は20年ぶりに祖国に戻ってきました。 国境で車を降り、自分の足で、母国への一歩をきざみました。 スーダンの大地から、土をつかみ、にぎりしめ、口に含み・・・ 私は祖国の味をかみしめました。”

帰還民
組織的帰還を前に、先発隊として14名がADRAの一時滞在センター及び最終帰還先の視察にやってきました。 祖国の土を体に取り込む。自分をスーダンと一体化させる。その象徴的な行為は、いかに、彼らが”それを欲していたか”を表しています。
帰還民2
視察団歓迎式でこの話を聞いた私は、ぽろぽろ出てくる涙をこらえることが出来ませんでした。20年間、難民と苦楽を共にしてきたUNHCRエチオピアのスタッフ達も、喜び打ち震える難民たちを前に、感動で目をうるませていました。
一時滞在センター
ADRAの本当の仕事は、これから始まります。

前の便りへ  スーダン便り2008目次  次の便りへ→


◆寄付金受付◆

スーダン難民支援のための義援金を募集しています。
ご協力をよろしくお願い致します。



お問い合わせ / 個人情報保護について 
Copyright (c) ADRA Japan 1997-2006. All rights reserved.