アドラについて / OUR MISSION アドラの活動 / OUR WORK あなたにできること / OUR NEED

スーダン南部難民支援プロジェクト・現地レポート

★千葉、マラリアにかかるの巻。

By Azusa Chiba

とうとうかかってしまいました。
アフリカで一番かかりやすく、死亡者の多い、マラリアです。

ここ1ヶ月ほど全力疾走で休みなく働いていたので、これは「いい加減休みなさい」という、どこかからのメッセージなのかなぁと捉え、日中から大人しくベットに伏せております。

でも。
好奇心旺盛な千葉はじっとしていることができず、マラリア突撃取材です。

私は今、スーダンの国境を越え、隣国エチオピアにいます。

事業地、パガックは国境にあり、エチオピアに逃げていた難民が戻ってくる玄関地です。よって、パガックの最寄の都市は、なんとスーダン側ではなく、エチオピア側になります。今回、私がエチオピアに来た理由は、小さな村、パガックでは買えない物資の購買と、スーダン人難民キャンプの視察、UN機関との調整です。

 

エチオピアは、元共産主義国です。ご存知でしたか?

元共産国ならではの話で、コカコーラはありますが、

ペプシの方が圧倒的勢力を誇っています・・・

(写真:エチオピアのコーラと、

主食のインジェラというすっぱいクレープ)

コーラ

携帯のSMS(メール)は禁止されてて、

つい最近解禁になりました。

これも2年前の選挙である政党が

国内全部の携帯に「XX党に投票しよう!」と

送信したからだとか。

ネットカフェはあっても、検閲が厳しいせいか、

日本語のメルは表示不可。

石油も配給制で、分量が統制されているので、

ガソリンスタンドにあるときに並ばないと、

車がガス欠になってしまいます。

さらに。エチオピア正教というキリスト教が

広く普及しており、暦は正教カレンダーです。

なんと、現在1999年。来年がミレニアムです。

ここでは私は7歳若返っています。

さて。ここからが体を張っての

マラリア突撃レポートです。

 

マラリアにかかったのは初めてです。

でも、「あ、こりゃマラリアだ」と

はっきりわかるものですね。

熱っぽく足がガクガクしてきたので、

町にひとつしかない病院に行ってきました。

左の赤い絆創膏のようなものは、

実は剃刀。これでグサっと左薬指先を刺されます。

そして右側の緑の箱にある

ガラスルーペで血を3滴ほど受け取り、

電球の下で乾かします。

かみそり

溶液

数分かけて乾かしたら、

写真の暗室で溶液に浸すように、

ルーペをそのまま液体に浸し、15分待ちます。

そして裸電球でまた乾かし、分析にまわされます。

 

電球
結果は、FPは少量しかなく、

重度のマラリアではありませんでした。

薬を飲んで安静にしていてください、とのこと。

 

ドライバー

38.5度の熱と頭痛と関節痛で

フラフラしていた私を病院に連れて行ってくれた、

エチオピア人のMr. Teshome.ありがとう。

早く治ってパガックに戻れますように。

後日談;39度の高熱を乗り越え、千葉は無事に完治しました。
心配してくださった方々、お見舞いに来てくださった方々、有難うございました。

 

←前の便りへ  スーダン便り2008目次  次の便りへ→


◆寄付金受付◆

スーダン難民支援のための義援金を募集しています。
ご協力をよろしくお願い致します。



お問い合わせ / 個人情報保護について 
Copyright (c) ADRA Japan 1997-2006. All rights reserved.