アドラについて / OUR MISSION アドラの活動 / OUR WORK あなたにできること / OUR NEED

スーダン南部難民支援プロジェクト・現地レポート

★「魔法の国」「野生の王国」そして。。。

今回はナイロビにあるADRA South Sudanが主人公です。 By Azusa Chiba

あれ?こないだADRA Sudan紹介してたじゃない?と思った人、すばらしい。
スーダンには、前回紹介したADRA Sudanと、ADRA South Sudan。2つもADRAがあるのです。これにADRA Japanが仲間入りして、現在ADRA3兄弟、活躍中。

どうして2つもADRAが出来たのかというと。

スーダン内戦は、北の政府軍と南のSPLM軍との戦争でした。(30字以内で言うとね。)2005年1月の和平合意後も、スーダン南部はSPLMの勢力下にあります。

実際はこんなに簡単な話じゃないのですけどね。こうして南北が戦っていたのです。

例えば私は南側の許可書を持って入国しているので、スーダン政府の統治下にある北部には入れません。
このような複雑な政治下、でも助けを求めている人がいる。これに対応すべく出来たシステムが、北側でスムーズに働けるADRA Sudanと、南側でスムーズに働けるADRA South Sudanの2つの組織なのです。
さて。ADRA South Sudanの本部はナイロビにあります。

閑静な住宅街の一角。

玄関を入るとすぐ右側が、ADRA SS受付のドアです。

ADRA SS

ADRA SS入り口

受付

訪問者の貴方は、

受付嬢ジェーンに呼び止められます。


「どなたとアポイントをお持ちですか?」

それではまず、ADRA South Sudan代表、

クレメントに挨拶しましょう。

語り口柔らか、スーツに身をつつんだクレメントは、見た目やり手のビジネスマン。
スーダン人の彼は静かな情熱を持ち、柔軟な姿勢で組織を御しています。

クレメント氏

セルマさん

財務のことで質問があるなら、

この人、セルマです。

フィリピン人の彼女

もう6年もADRA SSを支えています。

真っ白で泥の落ちてないオフィス。

電気の供給もインターネットの接続もあるオフィス。

スーダンの藪の中から出てくると、

こんな当たり前のことが

「魔法の国」のように見えます。

オフィス

 

おっと、ついでに「野生の王国」にも

紛れ込んでしまいました。

きりん
しまうま

だちょう

話しを戻して。
この綺麗なオフィスも12月で見納め。
ADRA SSは本部を今年中にスーダンに移すのです。


これがどういうことかというと。ADRAJapanが東京の事務所を閉めて、全スタッフがアジアのどこかの国に移動して働く、といったところでしょうか。引越し代も、日本への帰省の飛行機代も、現地の宿舎も与えられず、生活環境はとてつもなく厳しくなるのに給料は変わらない。こんな条件で、行きますか?
でも、辞める人は少ない、と話を聞きました。

皆、辞められない。行きたくなくても、行かざるを得ない。
それだけ、ケニアで仕事を得るのは厳しいのです。

ケニアはすごいです。物が沢山あって、ケニア人は教育を受けてて、働き者です。
スーダンから戻ってきた私には、「魔法の国」、「素敵な野生の王国」、そして「先進国」のように見えていました。
でもこの国は、長年に渡り大きな経済格差、就職難という課題を抱えています。

スーダンに発つ前、身近なところでこんなケニアの問題に直面し、選択肢のないスタッフを目の前に、せつなさで胸が押しつぶされそうになりました。

 

←前の便りへ  スーダン便り2008目次  次の便りへ→


◆寄付金受付◆

スーダン難民支援のための義援金を募集しています。
ご協力をよろしくお願い致します。



お問い合わせ / 個人情報保護について 
Copyright (c) ADRA Japan 1997-2006. All rights reserved.