アドラについて / OUR MISSION アドラの活動 / OUR WORK あなたにできること / OUR NEED

スーダン南部難民支援プロジェクト・現地レポート

★マラカルでの1日

今回ご紹介するのは、マラカルでの一日。

ADRA Japanの事業は、スーダン南部、エチオピアに隣接するアッパーナイル州で行われます。現在、私たちは州都であるマラカルに滞在し、諸調整を行っているところです。By Azusa Chiba

 

8:30am 「Good Morning!」と、

まるで東京下町のおっちゃんのようなベタベタ英語で、

ドライバーが登場。

ドライバー

マラカル事務所

8:45am

ADRA Sudanのマラカルオフィスに到着です。

8:50am さっそく紗世さんが、

壊れた扇風機と壊れたPCの間に挟まれ、

電気の供給がない中、さくさくと仕事を始めました!

本当は別の部屋を借りる予定だそうですが、

まだ先住者が出て行かないとかで、

大机の片隅を借りています。

紗世さん

机の反対側にいるのがADRA Sudanスタッフ。

 

スーダンスタッフ

Way Station

ADRA Sudanはマラカル市内に

帰還民の一時受け入れ施設を設置しており、

彼らはその事業スタッフです。

でも今の時期はほとんど帰還民がいないので、

オフィスでこうしているか、

無人のWay Stationでこうしているか。

 

15:30pm

紗世さんはちゃくちゃくと

UNHCRから3,250万円も予算を獲得。

JPFの8,750万円と合わせたら、

1億2千万円の事業になりました!

 

UNHCR
民家

16:30pm

最近いつも19時くらいまで外回りだったので、

今日は早めにお家に帰りましょう。

―とは言っても、結局オフィスが停電なので、

戻った方が仕事が出来るかな。。

帰りの車から見えるマラカルの風景。

念のため、マラカルは「州都」です。地方との違いは

――トクルの密集度がちょっと高いくらいかな。

マーケットには限られた物資と限られた選択肢、

そして店に入るのにも一苦労

公式には言葉の壁。非公式に・・・あふれ出た排水路。

市場
パーティー1

こんな娯楽もなく、こじんまりした街の中で、

毎日ヘトヘトになるまで働く援助関係者たち。

週末にもなると、

みんなで集まってぱーっと飲んで食べて、

ストレス発散。

こうして元気回復。また来週もがんばるぞー!

 

パーティー2

パーティー3

 

←前の便りへ  

  次の便りへ→


◆寄付金受付◆

スーダン難民支援のための義援金を募集しています。
ご協力をよろしくお願い致します。



お問い合わせ / 個人情報保護について 
Copyright (c) ADRA Japan 1997-2006. All rights reserved.