アドラについて / OUR MISSION アドラの活動 / OUR WORK あなたにできること / OUR NEED

スーダン南部難民支援プロジェクト・現地レポート

★泥まみれな生活

サバーハルッへール(おはようございます!
広大なアフリカの中の最大な地スーダンより。
みなさんに楽しいお便りを(出来るだけ)定期的にお送りしていきます。 By Azusa Chiba

さっそくですが、問題です。


これは(→)なんでしょう。

泥まみれの靴

―答えは…最後まで読めばわかります!

話を最初に戻しましょう。

ナイロビ(ケニア)でこんなに優雅なスタートを切った私たち。
 
あずささん(ナイロビ)
さよさん(ナイロビ)

を、待ち受けていたのは、


これでした(→)。

泥まみれの道路

UNの車

数日続いた雨のせいで、

マラカルの道路は泥沼に早がわり。

UN車もはまります。

粘土質な土は、ぬるぬるぬちゃぬちゃ。


横滑りしまくる車で移動するのが怖いなら。。。

泥にすべる車
ぬかるんだわき道

その脇で、こんな状態のわき道で、

足場を探しながらお歩きください。

道行くは牛とヤギと人と、たまに白いUN車。

動けない、いや、動きたくない、

いや、スーダン人が動かない。。。。

町の様子
牛

こんな状況では、

事業の行き先は牛のみぞ知る?

いいえ。そんなわけがありません。


この地にすでに1ヶ月もいる了戒さんは、
靴を泥まみれにしながら。
さらに泥に靴を飲み込まれ、はだしで歩く羽目になっても
諦めず、長靴を買って、ADRA事業のため、
日々がんばって歩いているのでした。

―というわけで、前述の問の答えは、

「了戒さんの靴の現在」でした。

 

 

スーダン便り(2008)目次  次の便りへ→


◆寄付金受付◆

スーダン難民支援のための義援金を募集しています。
ご協力をよろしくお願い致します。



お問い合わせ / 個人情報保護について 
Copyright (c) ADRA Japan 1997-2006. All rights reserved.