NPO法人 アドラ・ジャパン ADRA Japan
Peru Nutrition Improvement
ペルー / 母子栄養改善事業

活動の背景

子どもたちの深刻な栄養不足

ペルーでは経済的理由だけでなく食生活に対する知識不足が原因で、健康に配慮した食事を取ることができていません。そのため、栄養失調またはそれに起因する貧血が社会問題となっています。それらの問題は乳幼児にとって大きなリスクとなり、疫病や死亡が懸念されます。

 

Peru Nutrition Improvement

 

学習にも影響・・・

また、栄養失調は学習意欲の低下も引き起こします。そのため栄養改善への取り組みは、未来を担う子供たちへの貴重な投資となります。

 


Peru Nutrition Improvement

 

栄養失調に陥る様々な要因

今回事業対象地とする地区では、家庭での知識のない子育て、疾病の繰り返し、医療サービスへのアクセスの不足、低収入、食品購買の低さなど多くの要因が重なり、子どもたちの栄養失調の問題が国内の他の地区よりも顕著です。

以上の状況をふまえてADRA は2008年よりこの地域で妊産婦、5歳以下の子どもを対象とした慢性栄養失調削減のためのプログラムを始めました。行政も巻き込んだこの取り組みは、問題解決のために成果を生み出しています。本プログラムの効果をより高めていくため、また、事業終了後も現地の人々が活動を継続して行っていく「持続性」を高めるために、今回新たな事業を実施します。

(2011.07.03更新)


リンクと著作権について / 個人情報保護について