NPO法人 アドラ・ジャパン ADRA Japan
Nepal Cleft Lip & Palate Project
ネパール / 口唇口蓋裂医療チーム派遣事業
YouTube

エベレストに見守られる国 ネパール

ネパールは、中国とインドに国境を接する南アジアの小さな国です。ここでは仏教とヒンドゥー教が見事な調和を保っています。人々は寺院で熱心に祈りをささげ、神が住む山とされるエベレスト(ネパール名:サガルマータ)に見守られながら日々を過ごしています。

Everest
雄大なヒマラヤ山脈
temple
ボダナートと呼ばれる仏教寺院

 

美しい景観を持つネパールですが、経済的には非常に貧しい世界最貧国(後発開発途上国)の一つであり、国民の一年間の所得を示す国民総所得(GNI:Gross National Income)は1人当たり400ドルにしか過ぎません(世界銀行の2008年報告書より。日本は38,130ドル)。ADRA Japanはこのネパールで、1989年から学校や診療所を建設するボランティア派遣事業などを行なってきました。

1990年代初頭、こうした施設の建設以外にどのような支援が求められているのかについて調査を行なったところ、口唇口蓋裂(こうしんこうがいれつ)という先天異常の患者に対する手術の要望が非常に高いことが分かりました。この結果を受け、ADRA Japanは1995年からネパールにおける口唇口蓋裂医療チーム派遣事業を開始しました。

(2010.07.01更新)
次へ>>

リンクと著作権について / 個人情報保護について