NPO法人 アドラ・ジャパン ADRA Japan

ふるさと復興サポーター

ADRA Japanでは、東日本大震災で被災した地域の復興活動を継続的にご支援いただく、マンスリーサポート制度を導入しています。

震災直後に寄付をしてくださった方、ボランティアとして現地に行かれた方・・・ それぞれが被災地のために何かをしたいと行動に起こした方も多いと思います。

復興は長くかかるといわれている中で、更に被災地のために何かしたいと思っているけど、何をしたら良いのかわからない、継続的に関わりたいという「気持ち」を「ふるさと復興サポーター」になってカタチにしてみませんか?

ふるさと復興サポーターは、毎月1000円から東日本大震災の被災者支援のための寄付ができる支援制度です。

 

ADRA Japanは東日本大震災が発生した翌日の2011年3月12日よりスタッフを現地に派遣して、被災者支援活動を行なっています。

 

今回の災害で大きな被害を受けた地域の復旧・復興は長期に渡ります。
地元住民の方々が中心となって復旧・復興活動をしていくにあたり、ADRA Japanは引き続き皆さんに寄り添いながら、その活動のお手伝いをしていきます。
具体的には、宮城県でのコミュニティ支援、福島県での人材育成支援や農業支援をおこないます。私達と一緒に「ふるさと復興サポーター」として東日本大震災被災者への復興支援を支えていただける方を募集しています。

金額:
1,000円/月から
(うち、10%は管理費として使用させていただきます)
決済方法:
クレジット決済または銀行口座からの自動引き落とし
期間:
2016年3月までの自動引き落とし
*支援活動状況によっては延長の場合もあります。
サポーター特典:
東日本大震災被災者支援事業報告書「心をひとつに」を年4回送付(ADRA Newsと一緒にお届け)
活動方針 3つの柱

・支援者を支援する

被災者でありながら支援者でもある行政機関や社会福祉協議会およびそこで働く人々をサポートする。

・つなぐ(黒子に徹する)

私たちが支援の前面にでるのではなく、被災者同士、あるいは被災者と被災者でない人々とをつなぐことによって、被災者自身による復興をサポートする。

・人材を育てる

特に教育機関におけるプログラムをサポートすることにより、今後の復興を担う人材を育成する。

今後の支援活動予定(2014年4月現在)

<宮城県>
亘理郡山元町      
やまもと復興応援センター運営支援、コミュニティ支援、
イベント支援、足湯ボランティア隊派遣

<福島県>
県内の若者の人材育成支援、農業支援

ふるさと復興サポーターに関するお問い合わせ:
ご不明な点がございましたら、「お問い合わせフォーム」でお問い合わせいただくか、以下の連絡先までお問い合わせください。
(特活)ADRA Japan(アドラ・ジャパン)
TEL:03-5410-0045 / FAX:03-5474-2042 / MAIL:support_adra@adrajpn.org

 


 

2014.05.20更新

リンクと著作権について / 個人情報保護について