ADRA Japan
ADRA(アドラ)について / our mission ADRA(アドラ)の活動 / our work

 ADRA Japan メインページ  ⇒   ADRAの活動  ⇒  国内災害の緊急人道支援体制「災害対応パートナーズ 」 ⇒
Japan / Niigata 2007 Earthquake Disaster

新潟中越沖地震 緊急援助


現在の状況

ADRAの活動

現地からの便り



プロジェクトは終了しました。みなさまからの温かいご支援を深く感謝いたします。

皆様ご存じの通り、7月16日に新潟中越沖地震が発生し、柏崎市を中心として大きな被害がでています。

ADRAも7月17日に現地に向かい、刈羽村にて支援物資を配給してきました。現地では、暑さもさることながら、衛生環境の悪化により臭いもひどい状況でした。「家は外観からみると、大丈夫に見えても中は悲惨。地獄です・・」「外観を見て大丈夫だと思ったのに、家屋診断で赤紙を貼られた」と避難している人々は途方にくれていました。

 皆様からのご協力をよろしくお願いいたします。

現地の状況◆

<7月19日現在>
  • 2004年の中越地震から3年弱ということもあり、行政・支援の動きは早い。
  • 道路の復旧は進んでいるが、交通量の多さから大渋滞をおこしている。
  • 電気の復旧は進んでいるが、ガス・水道の復旧の見込みは立っていない。

余震は少ないが、この1週間は最大震度6規模の余震がくることも予想されており、警戒が必要。余震によって、家屋の倒壊が増えている。

土砂崩れ
中越地震で2歳の男の子が救出された土砂崩れ現場。
このように地震の爪あとがまだ残っている所に、今回の地震が起こった。



倒壊家屋
倒壊家屋
車窓から、倒壊家屋が目に付く。
倒壊家屋
マンホール
傾いた家
隆起したマンホール
ひどく傾いた家

<7月17日現在>

  • 死者9人、負傷者1,000人以上、避難者約11,500人。家屋倒壊 約900軒。
  • 電気は約27,000戸、水は約40,000戸、ガスは約35,000戸でストップしている。柏崎市および刈羽村では、復旧の見通しが立っていない。
  • 柏崎市では、76ヶ所の避難所が設置されている。

(参考:Yahooニュース! 毎日新聞・柏崎市役所HP・刈羽村役場HP


ADRAの活動◆

ADRA Japanは、地震発生の翌日7月17日に現地に向かい、支援を始めています。 刈羽村社会福祉協議会に設置されたボランティアセンターと調整を行い、支援物資を現地で配布しました。

<配布内容>
配布

  支援物資を届けた後、中越地震の避難所で使用していたウレタンマットの輸送を担当。約120枚のウレタンマットを川口町より輸送し、刈羽村の避難所にて配布をおこなった。

  *今後の支援については、現地と調整しながら検討して行く予定です。


現地からの便り

 



お問い合わせ / 個人情報保護について 
Copyright (c) ADRA Japan 1997-2008. All rights reserved.