フィリピンミンダナオ緊急支援募金


フィリピン・ミンダナオ島武力紛争
避難する住民を支援するために緊急募金を開始します

2017年5月23日、フィリピン南部、ミンダナオ島(※)のマラウィ市の市街地へ武装勢力が侵攻し、それに応戦した警察・軍との間で激しい武力衝突が発生しました。29日には戒厳令が敷かれ、政府は軍による鎮圧を試みていますが、紛争が長期化する見込みが強まっています。これまでに一般市民を含む約300人が武力衝突で死亡したと伝えられています(AFP2017年6月18日付けニュース)


マラウィ市地図(提供:googlemap)

フィリピン南部、ミンダナオ島のマラウィ市(提供:googlemap)


武力衝突を避けるために、マラウィ市の市民、およそ315,000人が自宅を離れて避難生活をしています。そのうち18,000人は83ヶ所の公的避難所に避難し、それ以外の大多数は知人・親戚の家や、自分たちで場所を探して避難生活を続けています。避難生活が長引いているために、食料や衣類、生活用品などが不足しています。また、これから雨期が本格化することもあり、生活環境の悪化が心配されています。

ADRAフィリピン支部は、6月5日と6日に、700人の避難を続けている方々に、マットレス、タオルケット、蚊帳などの緊急物資を配付しました。
その後6月26日には現地でニーズ調査を再度行ないました。調査結果を受けて、追加の支援が必要と判断し、7月には2,000世帯に食料や日用品などを配付することを計画しています。

このような状況を受けて、ADRA Japanは、フィリピン支部のこうした活動を支援し、避難生活を送っている方々に対して物資を届けるための緊急募金の受け付けを開始いたしました。

物資を配るADRA

物資を配るADRA

ADRAより支援物資を受け取った住民の方々)

ADRAより支援物資を受け取った住民の方々



皆さまからのご支援をどうぞよろしくお願い申し上げます。

クレジットカードからのご寄付

ミンダナオ緊急募金へ寄付する

郵便局からのご寄付

口座番号:00290-2-34169
加入者名:(特活)ADRA Japan
通信欄:※「ミンダナオ」とお書きください
ご寄付の前に、こちらのページの注意事項をお読みください。

銀行からのご寄付

銀行:三菱東京UFJ銀行 表参道支店
口座:普通1956381
口座名:特定非営利活動法人 ADRA Japan 理事長 柴田俊生
口座フリガナ:トクヒ)アドラジャパン リジチョウ シバタトシオ
※お振込される際に、お名前の前に「ミンダナオ」とご入力ください。
例)ミンダナオ ウラシマヤスナリ

※お寄せいただいたご寄付については、支援の必要が満たされた場合、他の緊急支援事業のために活用させていただく場合がございます。あらかじめご了承ください。

*寄付金控除(税金優遇)のご案内*

2016 年4月、ADRA Japan は東京都から「認定 NPO 法人」として認定されました。今後、ADRA Japan にご寄付をくださった方は、確定申告によって寄付金控除を受けることができます。
所得税の税額控除の場合、寄付金額から2,000 円を差し引いた金額の40%が所得税から控除され還付されます。また、寄付金額から2,000 円を引いた金額を所得から控除する所得控除を選ぶこともできます。これにより寄付金から2,000円を引いた額の最大約50%(所得税40%+住民税10%*)が戻ってきます。

活動実績

ADRAより支援物資を受け取った住民の方々)


クレジットカードで寄付をする

ミンダナオ緊急募金へ寄付する


ADRA Japanについて

ADRA Japanは世界約120ヵ国の支部と協力して、各地で活動をしています。



ADRA Japanの主な活動></div>

<div class=
名称:特定非営利活動法人 ADRA Japan(アドラ・ジャパン)
所在地:〒150-0001 東京都渋谷区神宮前1-11-1
連絡先:Tel: 03-5410-0045 / Fax: 03-5474-2042
設立: 1985年3月30日(2004年4月に法人格取得/2016年4月に認定NPO法人に認定)
役員: 理事長 柴田俊生
スタッフ:有給専従スタッフ 23人、インターン 1人(2016年3月末現在)
会計情報:AccountingReportFY2015.pdf
メディア掲載:NHK、テレビ朝日、朝日新聞、読売新聞、雑誌ソトコトほか多数

*ADRA Japanの活動は皆さまからのご寄付によって支えられています。ご寄付は支援を必要としている方々に届けるために大切に使わせていただいております。

クレジットカードで寄付をする

ミンダナオ緊急募金へ寄付する