NPO法人 アドラ・ジャパン ADRA Japan
 バヌアツ サイクロン緊急支援 人々の生活を吹き飛ばした最大瞬間風速94mの猛風―ADRAは巨大サイクロン襲来前からバヌアツを支援してきました。人々に寄り添い、生活の復旧・復興を支えます

バヌアツ サイクロン直撃 緊急支援

ADRAは、ADRAバヌアツ支部を中心に1,200万円規模の緊急支援を行ないます。

南太平洋の島国バヌアツを、3月13日から14日かけて大型サイクロン「パム」が通過し、最大瞬間風速94メートルを記録するなど、各島々に大きな被害をもたらしました。

バヌアツの各島のコミュニティーは大きな打撃をうけ、多くの住民が多大な損失を被りました。早急な救済を必要としている方々へ、必要な支援を届けることができるよう、皆さまからの温かいご支援を必要としています。



今すぐ寄付する

※【緊急】緊急支援全般 をお選びください

南太平洋の島国バヌアツ
空から見たバヌアツ

今回のサイクロンは壊滅的な破壊をもたらしました。ほとんどの家屋が倒壊し、地域の収入の糧である作物も全滅、避難所では数百の避難民の方たちが非常に少ない数のトイレを共有せざるを得ない状況にあります。

ADRAはポートビラ内にある20か所の避難所のうち10か所で、水と衛生分野においていち早く支援活動を開始しました。

ADRAのチームは、現在バヌアツで緊急支援を急ピッチで進めております。同時に、今後数ヶ月~数年におよぶであろう復興のための活動も視野に入れています。

ADRAの当面の活動計画は以下の通りです。
・ 水の浄化用キットとポリタンク、石けんの配付
・ 食料など生命維持に必要な物資の配付
・ 学校や教会の施設での配付センター設置
・ 簡易入浴施設の設置
・ 水・衛生環境を整えるための活動

ADRAは現在、特に「水・衛生」の分野で他のNGO団体とともに、被災状況の調査を行なう任務にもついています。


バヌアツ サイクロンの被災者支援にあたるADRAスタッフ



ADRAが支援をしている避難所に身を寄せているアンナさんは、「衛生用品を配ってもらって、本当に助かりました。石けんで手をあらったり、トイレを清潔に保つこともできるようになりました。これで家族が病気にならないで済みます!」と話してくれました。



バヌアツ サイクロンの被災者支援でADRAの支援を受け笑顔を見せるアンナさん

支援を受け笑顔を見せるアンナさん





アンナさんの笑顔が、私たちの力です。皆さまからのご支援が、アンナさんを笑顔にしています。 温かいご支援をお寄せください


お米15キロ $24AUD(約2200 円)
赤ちゃんの粉ミルク $9AUD(約800円)
ビスケット5キロ $86AUDドル(約8000円)

トイレ設備 $272USドル(約33,000円)

あたたかいご支援をお願いたします。



今すぐ寄付する

※【緊急】緊急支援全般 をお選びください



バヌアツを襲ったサイクロン「パム」の猛烈な風が家々を破壊した


バヌアツ サイクロン被害状況



バヌアツはオーストラリアの西方、南太平洋に800kmに渡って連なる83の島々からなる国(島嶼国)です。全人口は24万人(2008年の統計)、大小様々な島に分かれて生活しています。エファテ島のポートビラという街が首都で、この島の人口約5万人の大半がこの首都に生活しています。(出典:Wikipedia バヌアツエファテ島



バヌアツ 地図

Nh-map-ja.png
"Nh-map-ja". Licensed under Public Domain via Wikimedia Commons.

仙台市で開かれている国連防災世界会議に出席していたバヌアツ赤十社社長のハンニン・アラトア氏は「まだ詳細は明らかではないが、全人口のおよそ半分の13万人に被害がおよんでいる可能性がある」と会見しました。(3月15日NHKニュース)

ADRAは、サイクロン接近にともない、現地のADRA バヌアツ支部と連絡を取り合い、被害が出た場合にすぐに対応できるよう準備していました。サイクロンの影響を受け、大きな被害が出ている中、現在、ADRAバヌアツのスタッフたちはボランティアチームを組織し、瓦礫を片付けるなどの復旧作業も始めています。

今後も最新の情報を発信してまいります。皆様からのご支援、ご協力をどうぞよろしくお願いいたします。

お問い合わせ:お問合せフォーム もしくは03-5410-0045(平日10~18時)



リンクと著作権について / 個人情報保護について